Uncategorized

出張手当の適正な金額と要件

更新日:

出張手当を支払うために必要とされることは、3つあります。

まず就業規則にしっかりと規程を記しておくことです。
出張手当を非課税として扱うためには、諸費規程の作成が必要になります。

次に、正しくバランスが取れているかどうかです。
一般的には、役職によって金額の基準を設けています。

最後に、バランスが取れているかどうかです。
要するに「金額が高額すぎないか」ということです。
基本的には同業他社などと比べて判断されます。
正しい額でなければ、税務調査が入った時に経費が否認される可能性もありますのでよく考えて定めましょう。

経費が否認した場合、その金額は課税されてしまいます。
出張手当を支払う時には、法律にて決められています。
正しく理解しましょう。

-Uncategorized

Copyright© キラキラ起業女子を目指すアナタにおすすめの起業セミナー12選 , 2018 All Rights Reserved.