Uncategorized

小規模企業共済とセーフティ共済

更新日:

小規模共済や、経営セーフティ共済という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
もしも何かあった時の為に積み立ててきたお金は、その「もしも」の時がきたら当然自分の力になることですし、窮地を乗り切ることもできるでしょう。
「もしも」の時が来ないのが一番良いのですが、保険と同じで精神的にも安心、安定できると思います。そのどちらの共済についても、経費として得をすることができます。例えば小規模共済は、「個人の所得税」の控除に効果があります。経営セーフティ共済は、会社の経費としてあげることができるので、節税の効果があるでしょう。どちらも基本的に「お金に余裕がある時」に加入を検討するものですが、もしものため、将来のためにも入っておいて損はない共済と言えるでしょう。

そもそも共済とは何なのでしょうか。
協同組合などが行っているので、何となく名前を聞いたことがある方も多いと思います。しかし「共済」と聞いたことはあっても、内容にぴんとこないという人もいると思います。共済とは、ざっくりと言うと「お互いに助け合う」、「お互いにお金を出し合うことで何かを行う」という意味になります。不測の事態になった場合にお互いに助け合う保障と言えるでしょう。

「経営セーフティ共済」というのも、その名の通り、「経営状態が悪化した場合に相互で助ける」という共済で、「小規模企業共済」も、小規模企業の役員などが退職するときに掛け金が受け取れる制度です。明るい話ではないですが、連鎖倒産や経営難というのも、他人事ではない、何が起こるか分からない時代です。自分の会社なら大丈夫とは思わずに、これらの共済を利用して、不測の事態に備えましょう。

-Uncategorized

Copyright© キラキラ起業女子を目指すアナタにおすすめの起業セミナー12選 , 2018 All Rights Reserved.