Uncategorized

むずかしいと思ったらまず相談

更新日:

会社の経営状況も、いつ何があるかは誰にも分かりません。
その時々の理由はありますし、どうしても期限内の納税ができないという場合もあるでしょう。
延滞金が発生してしまう場合や、滞納者になってさらに差し押さえまでされてしまう事例。
法人の場合での青色申告取り消し。

難しい、できないかもしれない、と思った時点でまずは税務署や、都道府県税務事務所に相談に行きましょう。お金の問題でどうしても納税が出来ない場合でも、申告だけは出来ると思います。

すでに提出した申告書の控えを持参して、支払う意思があることをしっかりアピールするのが大切と言えます。
役所の側も、別に意地悪をしたい訳ではないのです。
支払う意思があるけれども払えない、という相談をすれば、例えば分割で支払うなどの提案をしてくれるでしょう。こ
の時に注意をしたいのですが、例えば経理や財務担当者であったり、顧問税理士に直接相談に行かせることはあまり良くありません。そもそも納税のルールを守れないという相談をしに行くのですから、必ず社長自身が出向いて、その支払い意思を見せる必要があります。

とにかくいけないのは、何も対応をしないことです。できないと分かった時点で行動をすること、過ぎてしまった場合でもなるべく早い相談をすること。そして何より、しっかりと誠意を持って、支払の意思を見せるのが大切でしょう。

-Uncategorized

Copyright© キラキラ起業女子を目指すアナタにおすすめの起業セミナー12選 , 2018 All Rights Reserved.